読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏る日々

アラサー会社員でスマオタでエセデザイナーでブロガーで腐女子の偏った思考

2016年現場総括

2015年やったので2016年もやります!もう2月だけど!!

去年の記事はこちら▼
2015年現場総括 - 偏る日々

2016年の現場

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」"頂の景色"(LIVE VIEWING)

記憶がおぼろげすぎるけど、チケット取れなくて泣く泣くLVで観ました。

キャスト変更で泣き、そして新しいキャストとの関係ができてくる過程にいちいち感動したりしてハイキュー期間は稽古中から割としんどく、楽しいです。

もはや観た上でどういう感想を持ったかとか全く覚えてないけど、木村達成くんの美人っぷりが凄くて大画面に映る度「!?!!?」てなってたのは覚えてる。

~宝や旅館~「げんせんじゃ~!2016」

  • 2016.06 萬劇場



散々行くか行くまいか悩んで、結局当日えいっと行ってきたやつ。

舞台としては凄く良かった~!ただ推し的にはDVDを買うかって言われると「別に要らないかな」というかんじ。ただあの曲はぜひ配信してほしい。買います!!

橋本祥平くんが以前同じ作品(別の役)を演っていたときいて、それも観てみたいと思うなど。

BROTHERS CONFLICT-BROTHERS ON STAGE!3-THE FINAL

2回入りました。谷口さんが来るアフトの回に狙って行けたので、褒められて死ぬほど照れて「なんだこれクソ恥ずい!!」とキレておられるのを観れたので眼福。

石井由多加さんが挨拶で「雅臣という役は僕しかいないし、他の人にはやらせたくない」的なことを泣きそうになりながら仰っていたのが印象的。(私が入った回じゃなくて、もしかしたらDVDに入ってるだけかも)

作品的には谷口さんがいなくてもブレずに、気軽に見れる割にしっかりと細部まで作りこまれた良作でした。

potluck11

  • 2016.07.21 ASTRO HALL

即興とか成大くん大丈夫かよ…と不安になりながら行ったら、やっぱりダメだったやつ(笑)


しかし巧くフォローしていただいてたし、ミラクル起こしてたしで本当に行けて良かった。涙するほど笑って帰ってきました。

Twitterで散々レポしたので、詳しくは当日・翌日のツイート遡っていただければいいのかと。

七夕ジャンクション~昭和篇~「探偵遊戯と優しいウソ」

主演お二人が、アフトで稽古終了二日前に台本完成したと話していたけれど、よっっっっっぽど企画がダメだったんだな、と思った。

舞台沼にハマってから、割と面白さとチケットの売れ行きはイコールだなって思っていて(どんなに豪華な役者集めてもコンテンツが面白くなかったらやっぱり埋まらないんですよ)、BL映画で話題になった2人を持ってきても尚もこれっていうのは、やっぱりちょっと企画が酷過ぎたのかと。

飽くまで主観なので、ハマった方もいらっしゃったのかもしれませんが、私としてはウーンというかんじ。

演者の皆さんはすごく良かったし、稽古中も試行錯誤された感じも伝わってきたのだけど、やっぱり役者の力だけではどうにもならないこともあるっていうのがわかってしまったというか。

次はもっと良い企画で二人が共演できますように。

舞台『ハロー,イエスタデイ 再演』

  • 2016.08 シアターサンモール

実は某Pの方のツイートがあまり好きじゃないのだけど(笑)、トライフルの舞台のように休憩なしで、気軽に見れて、気持ちがざわざわせずに、ただ楽しいだけっていう舞台がかなり好きです。

そんなわけで好みどつぼな舞台でした。キャストが推しと遼くんを除き、ほぼ手練れしかないない、みたいなのも最高だった(笑)

現場がとにかく楽しそうで(稽古最終日にビアガーデン行くってなんだよ聞いたことないよw)それが作品にも如実に表れてるかんじで、観終わった後の多幸感が凄かった。


1回しか観に行けなかったのですが、もっと入っとけばよかった!と心の底から後悔してる。あと過去最高に面白いアフトが観れたのもこの舞台だった。

舞台 ホイッスル!

  • 2016.08-09 シアター1010

演者の力だけではどうにもならないという作品その2。原作が好きだっただけに……(遠目)


ケラ氏のこのツイート観て真っ先に笛ステ思い浮かべたよね。これ続きやるのかな。

坂本康太くんが黒髪長髪のウィッグで3割増しのイケメンだったので、ずっと目で追ってしまった。

あと和田雅成くんと北村諒くんの使い方すごく勿体なかったなー、とかとか。

ミュージカル「忍たま乱太郎」第7弾『忍術学園 学園祭』

忍ミュを1回も観たことないのにいきなり予習もせずに、白柏くん観たさに学園祭に行ってしまい、凄いアウェー感を味わいました(笑)

しかし観てる方はほぼほぼめっちゃ楽しそうだったし、すごく盛り上がってたのでなんか和んで帰ってきましたけれども。

歌と踊りのクオリティの落差が酷くてたまに「!?!!」となったり、完全に異文化に中に放り込まれて右往左往しておりました。

白柏くんたぶんかなり年下の方だと思うのだけれど、真っ先に客席煽ってて「長次どこ!」と思わずつっこんだ。凄い度胸。

光の光の光の愛の光の

  • 2016.09-10 CBGK シブゲキ!!

たぶん今年一番良かった作品を挙げろと言われたらこれを挙げると思う。(ハロイエと迷う)


成大くんも良かったんだけど、作品自体もすごく上質なエンターテイメントでした。好き嫌い分かれるのも判るけど、私は凄く好きです。

ずっと叶わないまま澱のようにずっとある想いというのに凄く弱いので、ぼろぼろと泣いてしまった。

いろいろ解釈があると思うし、解釈を読んだりしてると諸手上げて全部好きってわけじゃないんだけど、そこ含めて名作だよなあとしみじみ思う。

この作品2回しか観れなかったけどロスが凄かったです。お願いだから映像化してください…。

カネコアヤノちゃん初めて知ったのだけど、行った後すぐ劇中歌DLしました。とても良い声。

露出狂“チーム出”

  • 2016.10 六本木ブルーシアター

光の光の光の愛の光のと同時期だったので、愛の表現が180度違うことの対比が面白くて仕方なかったです。

光属性「愛」に成大くんが出てて、どちらかと言えば闇属性「愛」に遼くんが出てるというエモさよ。

正直ぜんぜん作品としては好みじゃないんだけど、あの年齢の意味不明さとか突っ走ってしまうかんじとかが兎に角尊くて、そこにはもう自分は絶対に行けないっていう絶望感が凄かったです。

小沢道成さんの比留が怖すぎてトラウマレベル。

BROTHERS CONFLICT -BROTHERS ON STAGE!-イベント

トークショーは外れました。しかし、初接触イベントということで割と本気で死ぬかと。これ詳しく書きたいけど、あまりに毛色が違うのでまた機会があったら。

とりあえず三つ子のお三方は最高に素敵でした。

おそ松さん on STAGE ~SIX MEN'S SHOW TIME~

アニメしっかりハマっていたし、和田くん観たかったのでビール片手に行ってきましたが、にわか感凄くて浮いてたと思う(笑)

積み上げて積み上げて最後で100点ってかんじの舞台だったけど、あれはLVで見るもんじゃないような気もしつつ。

ぜんぜん期待してなかった柏木くんがすごいいい味だしてた。あと小澤廉くんチートすぎて目がちかちかする。

コウの花嫁

  • 2016.10 全労済ホール/スペース・ゼロ




アカウント違うけど私です。(アカウントの使い分けがめちゃくちゃになってる)

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」"烏野、復活!"

  • 2016.10-12 AiiA 2.5 Theater Tokyo

原作好きなんですけど、今回のハイステについてはもう話でもなくキャラでもなく、良いエンターテイメントとよく知っている俳優を観に行っているっていうテンションになってしまったので、原作やアニメが好きな方と観方が全然違って申し訳なさすら感じます。

泣けるところは泣くし、盛り上がるところはわくわくするんだけど、もう話の内容とかとことんどうでもよくなってきてしまって、フォロワーさん含めて熱いファンの方が多いので、チケット争奪戦もしんどいし行きにくいなあっていう。(もちろんそんな事気にするべきことじゃないっていうのも判ってるんだけど)

推しがいないので、すごく周囲が盛り上がってる中に盛りあがりきれない自分がいて、でも観に行ってるっていう居た堪れなさ。

ただ次回は推しも出るし、このメンバーは最後な気がするし、大好きな青城なのでがっつり渦中にいるつもりでいます。TDCになっても相変わらずチケット取れなくて死んでるけど!!

谷口賢志「毒宴会」

  • 2016.11.05 相撲茶屋 どすこい

昼・夜どちらも入りました。リア恋したことないし、谷口さんに対してもリア恋じゃないんだけど、なんかもういっそリア恋になってしまったほうが楽…!(感想)

アフトとかTDNSの動画とかでもフリートーク上手だなーって思ってたけど、全部が全部面白すぎてびっくりした。

詳しく書きたいけど、これもやめておきます。この人ほど貢ぎ甲斐がある人を他に知りません。

「木村達成ファースト写真集 Paradox」出版記念握手会


友人に付き合って参加。ご本人はどうやらお疲れだった模様ですが、友人の挙動不審っぷりが面白かった。

Live Performance Stage「チア男子!!

  • 2016.12 AiiA 2.5 Theater Tokyo

発券忘れてて当日チケット観たら2列目で震えた。舞台におけるC&Rが苦手すぎる…と再確認。

平田雄也くん目当てで行ったんですが、ハイステのときより遥かにいろいろ上手になってて、それだけで泣くかと思いました。(笑)

どうでもいいけど古田一紀くんが推しにそっくりに見えたんですけど、あれはなんだったの…。(身長は大きくないですけど)声までそっくりだった。写真見るとそうでもないので骨格が似てるのかなあ。

舞台「パタリロ!

長い当日券の列を見かけてびっくり。割と発売時のチケットは周りはみんな取れてたので、舞台が面白いと評判が人を呼ぶんだなあ、と実感。

凄いざっくり作ってるように見えて、多分実際はめちゃくちゃ計算された良いエンターテイメントでした。

成大くんかなり好き勝手やらせてもらってた上にしっかり笑いもとってたので、これ以上幸せなことはない。

2018年の新作楽しみです。

AND ENDLESS 20周年記念公演「ENDorphin」

  • 2016.12 全労済ホール/スペース・ゼロ

初AND ENDLESS。そういえば「美しの水」という舞台が凄いらしいということを当時聞いていたのを最近になって思い出したり。

これほど自分に歴史の知識がないことについてがっかりしたことはありませんが、それがわかったところで多分全部わかるわけではないんだろうな、とも思う。

考えるな感じろ的舞台で済ませてしまうのは惜しい。帰ってきてから色々調べてみて、そういうことも楽しかったりして。谷口さんも仰っていたけど、知らないことがあるって判って、それを知れるって凄く面白い。

実は今まで見た祥平くんの中で一番好きなかんじだった。

2016年総括

とにかく舞台沼

嵐にハマってたとき、流れで舞台にハマった時期があったんですけど第二期が来た感。大変忙しかったです。

舞台の良さを改めて再認識したし、異文化に武器を持たずに突っ込んでいくのも久々でわくわくしています。

実は今年は来年以上にハイペースで観ているので、自分でもぞっとしておりますが、その一瞬しかない時間を楽しみたいと思います。